練習会などの風景を紹介していきます


by su-sanm

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回、訪問をした海陽の御老師方々です。
d0152861_1616867.jpg


   左:劉培義老師   右:王慕洲老師

海陽螳螂拳の系譜を脈々と受け継ぎ、発展に力を注がれています。お二人のご教授に臨む姿勢は真摯で情熱的です。
滞在中は本当にお世話になり、惜しみなく教えて頂いたことに感謝耐えません。ありがとうございました。そして、今後のご活躍をお祈り申し上げます。



海陽ともさよならです。
一路青島へ。途中の風景は昔ながらの中国の姿を見せてくれます。
d0152861_16265284.jpg


青島ではそれぞれ個人で行動です。
d0152861_1631796.jpg

d0152861_16313181.jpg

夜は海辺に広がる夜市へブラリと・・・。

d0152861_16324996.jpg

朝は太極拳に遭遇したりします。
螳螂拳は会えなかったなぁ・・・。


楽しい日々はあっという間に過ぎていきます。
帰国の途につき、こうして我々の海陽訪問は終幕となりました。ご訪中された皆さん、本当にお疲れ様でした。そしてたくさんの思い出が出来ました。
また、是非ご一緒に行きましょう!

ありがとうございました。
[PR]
by su-sanm | 2009-05-28 16:42
海陽の先生方のご指導は詳細かつ丁寧でした。

徒手の学習後は兵器です。

選択されたのは「刀」
そう!螳螂拳の主兵器「乱門刀」です。

ら・ん・も・ん・と・う♪
d0152861_2113296.jpg

d0152861_21194734.jpg


なんて素敵な響きでしょう001.gif

劉培義老師のご指導です。
古伝を伝える老師の動きは風格が漂います。

私個人としては以前に煙台で学んだ乱門刀との変遷に触れたく、今回その目的が叶いました♪
動作、流れ自体は大同小異という感じでしょうか。海陽のそれは横の回転運動が多く感じられました。非常に良い体験です。

今回の内容は徒手系と兵器。
短いながらも内容の濃いものでした。六合棍も見られたら・・・。
次回に期待です。

つづく
[PR]
by su-sanm | 2009-05-21 21:23
海陽の夜は更けていく~
d0152861_23211986.jpg

d0152861_23223164.jpg


晩ゴハンは、昨年も使用したレストランで。
うまかったです。
d0152861_23272266.jpg


ブラブラと屋台へ。
ここの羊肉は、今まで食べた羊の中で一番美味しかった。
イメージと違って、新鮮で臭みが全くなかったです。
d0152861_23294750.jpg

サイ代表、ごちそうさまでした。

宿泊時の楽しみは、仲間どうしで語りあうこともですね。

ささ、翌日の学習に備えましょう。

つづく・・・。
[PR]
by su-sanm | 2009-05-15 23:33
皆さんは、今年のゴールデンウィークをどのように過ごされましたか?

我々は連休を利用し、老螳螂拳研究会有志で山東省海陽へ螳螂拳の学習交流をしてきました。以前お世話になった、古き海陽螳螂拳を伝える王慕洲老師の元へ今回は訪中組、12人と大所帯です!

出発は成田から。
インフルエンザが気になる・・・008.gif
d0152861_9121084.jpg


到着は青島空港。
ここからチャーターバスで一路海陽へ。
d0152861_9152267.jpg


3~4時間の行程で、途中SAらしき場所へ立ち寄り休憩。
日本のと違い、簡素ですな。
d0152861_916281.jpg


一日目は海陽への移動で終わりました。
到着時は今回お世話になります王慕洲老師とお弟子さんにお出迎えして頂き、学習へのテンションが上がっていきました003.gif


まず徒手系の学習です。
螳螂拳発祥の地と言われる、この地の練功法をご教授頂きます。
基本功として、圧腿、歩型、鉄牛耕地、排打、身法などを詳しく教えて頂き、摘要一段をベースとした学習となりました。
d0152861_936377.jpg

d0152861_9371520.jpg

d0152861_9374518.jpg


皆、汗びっしょり!
そして、目からウロコの体験ばかりです。
[PR]
by su-sanm | 2009-05-10 09:40